ボードゲームレビュー第151回「シヴライゼーション」

「シヴライゼーション」
作者:ジャン・ザルスキー
発売元:株式会社グループSNE/cosaic
プレイ人数:2~5人
対象年齢:10歳以上
プレイ時間:45分

 


 

毎週木曜日はキウイの日! どもども、三家原です!
来ました! とうとう、この日がやって来ましたよ! ボードゲームレビューを始めさせて頂いてから、いつかこの日が来ると思っていました!

そう、今日ご紹介するのは、文明をモチーフとしたターン制のシミュレーションゲームの金字塔! シドマイヤーズ様の「シヴィライゼーション」!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ん……? あれ、シヴィライゼーションってこんなポップなパッケージでしたっけ?(汗)
この絵柄って、第82回で紹介した「CV-履歴書-」によく似て……あっ! ああぁぁぁ――っ!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

し、シ“ヴィ”ライゼーションじゃないぃぃっっ!!
し、シ“ヴ”ライゼーションって書いてあるぅぅぅっっっっ!?(混乱)

…………。

……さて! そんなワケで、今回ご紹介するのは株式会社グループSNE/cosaic様から発売中の「シヴライゼーション」なのですー!(まてこら)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プレイヤーは文明の指導者となり、自らの指示や、獲得した技術を利用しながら、国民の幸福を示す幸福ポイントを稼がねばなりません。
そうして三つの時代が過ぎた時、もっとも幸福ポイントの高い……幸福な文明を築いた者こそが、このゲームの勝者となります!

さあ、指導者の皆さん! 幸せな文明を築く為にレッツ・ゴー!

○ゲームの準備

1)ボード、各トークンの配置。
ゲーム中に使用するボードをテーブルの中央に、そしてボード上に描かれている歯車に食料、木材、石材トークンを山にして配置していきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2)王冠コマを時代トラックの最初の時代に配置します。

3)幸福トークンをボード横に配置。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右のニコちゃんマークが、このゲームでの勝利点となる幸福トークン。

4)アイディアカードの設置

アイディアカードを裏面の色ごとに分けて二つの山を作ったら、シャッフルしてボードが対応する場所に配置しちゃいます。

配備したら、時代Ⅰ用の山札から、4枚カードを引き、ボード上のアイディアトラックに表向きにして配置していきましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあ、これでほぼ準備は完了なのですよ!
最後に各プレイヤーは8枚の指示力ードと、木材、食料、石材トークンを各1個ずつ手渡して、スタートプレイヤーはリーダーヘルムコマを受け取ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プレイヤーの行動を決める、指示カード。様々な効果が書かれています。

ちなみにリーダーの決め方は、もっとも最近何か道具使ったプレイヤーだそうな。
ふふふ、この条件なら、プレイ中にカメラをパシャパシャしている私なんかが超有利ですね!(まてこら)

○プレイの流れ

プレイヤーは、1ラウンド毎に4つのフェイズを行います。

1)指示フェイズ
スタートプレイヤーから時計回りに順番に、未使用の指示カードから2枚を選び、1枚は表向き、もう1枚は裏向きにして置きましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

指示には資材を得る効果や、他人を攻撃する効果など色々とあるのですよ。

これを時計回りに各プレイヤーが配置し終わったら、一斉に裏向きのカードを公開します。

2)アクションフェイズ
指示が終わったら、次は実行のお時間だ-!
ちなみにアクションを実行する順番は、プレイヤー毎ではなくて、指示カードの左上に書かれている数字が低い順に解決していきます!

つまり、ここの処理ではヘルムを被っていようとなかろうと関係なぁぁぁいっ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この場合だと、伐採が4、悪巧みが5なので、伐採が先に処理されていきますねー。

しかも、このアクション実行には一つ恐ろしいルールが……!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

指示カードには、それがどんなアクションを行うのが書かれていますが、特に注目すべきなのは左端に居座っている人のマーク!

たとえば伐採の場合だと、一人だけこのカードを出していた場合は木材を2個、二人の場合3個、三人以上だった場合は1個しか得られないという……そう、この「シヴライゼーション」は、過去の第23回で紹介した「グリモリア」や、第101回「ブルームサービス」みたいに、プレイヤー同士の行動が被ると損したり得したりするバッティング系だったのです!

大体の指示は、二人だったら一番多く資材や効果を得ることが出来るので、上手く二人になるように予測しながら、自分もカードを出さないといけないものの……大体の場合、欲をかくと三枚になってみんなが「ぐはー!」となるんですよねー。

こうしてカードの処理が終わったら、次の時代までそのカードは使えなくなるので、裏向きにして脇に置いておきましょう。

3)発展フェイズ
発展フェイズは、ボード上に置かれているアイディアカードを一枚購入出来るタイミング。
スタートプレイヤーから時計回りに、持っている資材を支払って購入していきましょう♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここで購入出来るアイディアカードは、指示の効果を高めたり、行動によって幸福ポイントを稼いだり出来るものが多いので、積極的に購入していきましょう!

また購入されるごとに山札から補充されていくので、良いのが買われたと思った矢先にもっといいカードが出てくるなんて事も……むむむ、購入タイミングも結構重要。

4)クリーンアップフェイズ
最後のフェイズでは、次のラウンドに向けての準備ですね。
リーダーヘルムコマを持っているプレイヤーは、左隣のプレイヤーにヘルムを手渡しましょう。
これで次のラウンド開始となります!

○時代の移り変わり。

クリーンアップフェイズ時に、各プレイヤーが2枚しか指示カードを持っていない場合、その時点は終了となって、次の時代へと突入します。

そう、このゲームって各時代3ラウンドの計9ラウンドと意外と短時間で終わっちゃうので、サクサク進むと同時に、如何に素早くアイディアカードによるコンボを決められるかが勝敗の分かれ道なのですよ!

また時代が変わる際には、それまで出して来た指示カードは全て手元に戻り、ボード上のアイディアカードは、Ⅱ時代に移行する場合そのままに、Ⅲ時代の場合は全て廃棄して、Ⅲ時代のアイディアカードを並べていきます。

そして、王冠コマを次の時代に移動させたら、再び指示フェイズからスタートぉー!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さあ、ラストバトルに突入だ-!

○ゲームの終了

このゲームは全9ラウンド、ちょうどⅢの時代が終わった時点で終了となります。

ゲームが終了したら、各プレイヤーはアイディアカードに描かれている幸福ポイント、ニコちゃんマークの幸福ポイントを合計していきましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

計算した結果、一番幸福ポイントの高いプレイヤーがこのゲームの勝者となります!
また同着だった場合は、保有している資材の多い方が勝者となのです!

○総評

いやー、最初はタイトルからして、本家シヴィライゼーションのパロディーか何かなのかなーっと思っていたのですが、微塵もパロディー要素のない純粋なバッティングゲームでしたねー。

でも、それでがっかりかといえば、んなぁこたぁない!
ゲームはサクサクと進むし、どんな組み合わせで攻めようかな~っとあれこれ考えて「僕の考えた最強の一撃!」って出したら、バッティング系の宿命で「こんなハズでは!?」というハプニング満載なのがいいですね~。

指示でどかどか攻めるのもいいけど、アイデアカードの組み合わせもかなり強力なので、そっちでじわじわポイントを貯めていくのも手ですね。
まあ、幸福ポイントは公開情報なので、貯めすぎると狙い撃ちされるんですが(汗)

あと特にⅢ時代のアイディアは桁違いに幸福ポイントが高いので、Ⅰ・Ⅱの時代で資源を貯め込んで、Ⅲで一気に買いに走るのが定石なのかなー?
でも買いすぎると、同点だった時の勝負で負けてしまうので、気をつけないといけないのですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Ⅰ・Ⅱ時代が幸福ポイント1~2に対して、4とか平気でたたき出すⅢ時代

一戦の時間が45分とちょうど良いのと、色々な攻め方があるので、一度始めたら一回や二回では終われない気がしますねー。
あと、バッティング系なので人数が多いと、事故が増えて面白いと思います(まてこら)

こうしてレビューを書いている間にも、色々なコンボや攻略を試してみたくて、ぜひとも再戦したくなってしまうのですよ……!

ってなわけで、ご興味のある方は、ぜひぜひ一度遊んでみてくださいね~♪

 

ライター紹介

三家原優人(みけはら ゆうと)
ゲーム制作チーム「Team・Birth-tale」所属。
ゲームシナリオライターだけでなく、映画会社にて長編映画の脚本や出演など多岐に渡って活動中。
趣味はガジェット集め。国内・国外問わずの気になるガジェットを集めては愛でる日々。
実は某公国の爵位を持っていたりする。

代表作
歴史シミュレーションゲーム「三極姫」シリーズ。
恋愛アドベンチャーゲーム「はち恋」。
長編ホラー映画「腐女子」。
その他多数。