ボードゲームレビュー第167回「メドゥリス」

「メドゥリス」(原題:Meduris)
作者:S.ドラ&R.ツァリンデ
メーカー:HABA/日本語翻訳:すごろくや
プレイ人数 2~4人
推奨年齢 10才以上
プレイ時間 約75分

 


 

 

毎週木曜日はキウイの日!
どもども、お久しぶりの三家原なのですー♪

いやー、卒業式のシーズンなのか、あちこちで卒業式を迎える学生さんや新生活を始めようとお引っ越ししてくる人を、ちらほらと見かけるようになりましたねー。
新天地で新しい生活を始める……なんかワクワクしますね! なので、我々も遠く異国の地に移住しましょう!(まてこら)

ってなわけで今回ご紹介するのは、ドイツが誇るHABA様から発売中の「メドゥリス」なのですーっ♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パッとパッケージを見ただけだと「ん? これHABAのゲーム?」ってなりそうですよねー。
実際、私もロゴマーク見るまでは別のメーカーさんのゲームだと思ったくらいなのですよ。

HABA様といえば、個人的に黄色のパッケージのイメージが強いし、「キャプテン・リノ」みたく、比較的低年齢層でも楽しく遊べるゲームをメインに作っているというイメージがあったんですけど、2015年に大人でもじっくりと遊べる「大人HABA」というのを打ち出して、今回ご紹介する「メドゥリス」もそのラインナップの一つなんだとか。

プレイヤーは神のお告げに導かれ、メドゥリス山の麓に移住してきた集落のリーダー。
肥沃な大地から得られる資材を元に、集落を発展させつつ、神様への捧げ物で勝利点を稼いでいくという開拓育成タイプのゲームなのですよ。

1)ゲーム準備

まずは自分の色とスタートプレイヤーを決めましょう!
特にこれといった決め方はないので、適当に決めちゃってOK。

ゲームの舞台となるゲームボードは二人用と三人以上用で裏表が違うので、配置するまえに注意注意なのですよ。

二人で遊ぶときと、三人以上で遊ぶ時で若干配分が変わりますが、今回みたく四人で遊ぶ場合は、まずは自分の色を決めたら自分の色の得点マーカー、労働者二体、小屋八個と寺院二個、あと衝立と各資材を1個ずつ受け取ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
右から得点マ-カー、寺院、小屋。100のチップは得点が100点を超えた時に使用するのですよ。

残った資材は、ゲームボードの各台地の所に見えるように置きましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

資材は、木材、羊毛、銅、石材の四種類……んっ、なんだろうこの既視感(まて)

この資源は非公開情報なので、常に衝立で隠すようにしておきましょう。小屋と寺院は別に隠さなくても大丈夫なのですよ。

得点マーカーは、ゲームボードに描かれている勝利点トラックの五点のマスに配置。
あと、ドルイドコマを石段の一番上に配置しておきましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後にスタートプレイヤーから時計回りに、ゲームボードの中央にある木材、羊毛、銅、石材のシンボルが描かれた4か所の台地から好きな場所を一つ選んで、労働者を一人配置していきます。

もしも先に配置したい先に労働者がいた場合、上に重ねて置きます。

ただし、重ねるのは最大で三人まで。それ以上だったり、横に置いたりとかできないので、つまり各台地には最大三人の労働者しか派遣が出来ないのですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

働くぜー! いっぱい働くぜー!

こうして全員の労働者が配置出来たら、ゲームの準備はほぼ完了!
さあ、集落発展の為に頑張るのですよー!

2)ゲームの手順

ゲームは大きく分けて、2フェイズで構成されています。
といっても最初のフェイズは、サイコロを振るだけの簡単なお仕事なのですよ。

■フェイズ1 小さな産出

まずスタートプレイヤーは、小さな産出サイコロを振りましょう。

1)色と数字が書かれた面が出た場合。
台地に配置されていたその色の労働者が働き、配置した先のゲームボードに残っている資材を一つ獲得します。

2)+1と書かれた面が出た場合。
この面が出た場合、手番から時計回りに、ゲームボード上に残っている資材で、欲しいのを一つ獲得します。
自分の労働者があるかどうかは関係ありません。

3)-1と書かれた面が出た場合。
この場合、保有している資材を一つ選んで、対応する場所に戻さなければなりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いっけー!!!(コロコロコロ)

以上が、フェイズ1の行動なのです。ダイスを振って、処理をするだけの簡単なお仕事ですね。
そして、次からがいよいよ集落を発展させていくフェイズになるのですよ。

■フェイズ2

フェイズ2で行う行動は全部で3種類。

1)労働者を動かす(移動と労働)

派遣している労働者を一体選んで、移動させます。
これは、上に他の労働者が何体重なっていようと関係ありません。
選ばれた労働者は、すぐさま他の台地を一カ所選択し、移動させます。

もしもその台地に労働者がいた場合、その労働者の上に自分の労働者を重ねます。
ただし、すでに三人いた場合、移動は出来ませんので、別の場所に移動するようにしましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ごめんよ、労働者ぁっ! ここ三人用なんだ~!

労働者の移動が完了したら、すぐさま労働が始まります。
その台地に労働者を派遣していたプレイヤー全員に資材が発生しますが、ここで重要になってくるのが労働者の順番なのですよ。

元々労働者が一人居て重ねた場合、上の労働者は2個、下の労働者は1個獲得します。
これがもしも、二人居て重ねた場合、一番上は3個、真ん中は2個、一番下は1個に!

つまり……古参は弱い!!(まてこら)

でも、だからといって積極的に移動するのがいいかと言われると、難しいところですね。
他人の労働者が移動してきても、獲得が発生するので、ずーっとそこに居座ってこまめに資材を稼ぐというのも悪い方法ではないと思うのですよ。

その一方で、労働者は三人以上重ねてはいけませんが、一つの台地に労働者を複数派遣するのは大丈夫なので、一気に大量の資材を獲得なんて素敵な事も出来たり……まさに独占ですね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ふふふ、我が社は羊毛ではトップシェアなのですよ。

ただし、注意しないといけないのが、このゲームの資材は有限なんですよね……つまり、ゲームボード上の資材が無くなったら、供給がストップしてしまうのですよ(汗)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

枯渇する資材……誰だ……誰が資材を独占しているんだぁっ!?

2)小屋の建設

資材が貯まってきたら、いよいよ建設開始なのですよ!
といっても、建てられるのは小屋と寺院の二種類だけなんですけど。

ゲームボード上で、まだ建物が建設されていない敷地マスを選択し、その敷地に記されている資材を支払うことで小屋が建築できます。

また敷地によっては、ボーナスチップが置かれているマスもあり、ここに小屋を建設した人は忘れずに受け取りましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボーナスチップは「+2勝利点」「無料で建設できる」「後々の供物」の三種類。
え? 供物ってなんだって? ふふふ、それは後ほど解説するのですよ。

2-1)ルーンの獲得。

小屋を建築すると、その区域に存在するルーンを受け取る事が出来ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぱっと見で似ているのもあるので、間違えないようにご注意を。

このルーンの取得は、小屋を建設する度に発生し、すでに他の誰かがそのルーン石を持っていた場合は、その人から受け取りましょう。

■ドルイドさん石段降りる。
これも忘れがちにですが、誰かが小屋を建築した際は、石段にいるドルイドさんを一歩前に進めましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一歩、また一歩表通りに近づくドルイドさん。

2-3)集落の発生と建設費の高騰

もしも建設する左右に自分もしくは他のプレイヤーの小屋がすでにある場合、小屋が並んでいる状態の事を、集落と呼びます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初はまばらな麓も、小屋が建つにつれて、集落に発展していくのですよ。

そして、この集落になった瞬間。支払う資材の量がいっきに増えるのですよ……これはあれですか、地価高騰なの?(汗)

集落の二軒目だった場合、元々の資材二倍、三軒目なら三倍と、建設するのが何件目=何倍という素敵な高騰っぷりを見せてくれるので、後になればなるほど、急激に資材が不足しまくるですよ。

一応、手持ちの資材からどれでも三個差し出す事で、好きな資材一つと交換出来る貿易ルールはあるんですけど……そう、察しの良い方ならお気づきでしょう。
あくまで交換なので、ゲームボード上に資材が残っていればという話なのですよ……許すまじ独占企業!!(まてこら)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初はこんなにも資材があったのになー。

そして、このコスト高騰は区域がまたがろうと、大河を挟んでいようと関係ないので、小屋が出来れば出来るほど大変なことになっちゃうのですよ(汗)

でも、そんな高騰しまくる中にも、救済の手はあるのです!
それが、寺院の建設なのですよ!

3)寺院の建設

寺院は小屋と同じように、何もない敷地マスでのみ建設が出来ます。
建設のコストも小屋と同じように発生するのですが、ただ寺院の素晴らしいところは、隣にいくら小屋があっても、初期コストのまま建設が出来るという点ですね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

紫のせいで、赤が四倍のコストを払うところでしたが、寺院のおかげで通常コストで建設出来るのですよ。

そう、倍々で増えていく小屋と違って、いつでもリーズナブルに建てられるのが、この寺院なのです!
ただし、寺院は安く済む代わり、小屋みたく地域のルーン取得が出来ないので、ルーンが欲しい人は素直に小屋を建てましょう。

以上が2フェイズ目で行われる行動です。
三つと言っても、二番目と三番目は小屋か寺院の建設なので、実質二択なんですよね。

どれもゲームに結構影響する……といっても、大きく出てくるのは後々なので、最初は好きなように暴れるのがいいんじゃないかと(まてこら)
あっ、資材は貴重なので、あんまり浪費しない方がいいですよ。

そして行動が終わったら、時計回りに次のプレイヤーが行動をしていくわけなんですが……多分、一周するかしないか頃に、ある事が発生すると思います……そう、建設する度に一段ずつ降りてくるドルイドさんが、表通りに姿を現す瞬間ですよ。

■ドルイドがやってくる。

表通りに現れたドルイドさんは、その後フェイズ2の建設が行われる度に、現在居る場所から次の小屋に向かって全力ダッシュしてきます(まてこら)

そう、建設されていない場所とかすっ飛ばして、小屋まで来るんですよ!
そして、その彼のやってきた小屋の主は、彼に供物を渡すか否かという選択を迫られます。

といっても、供物は敷地に書かれている資材のどちらか1つ渡すだけなので、それほど負担にはならないんですけどね。
供物の支払いをしたら勝利点を一点もらえるのですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

素直に供物を支払うのか、それともお叱りをうけるか……!

またもしも書かれている資材をどちらも一つずつ支払った場合、その集落にある小屋の軒数分だけ勝利点を獲得出来ます!
そう、集落にある小屋なので、色は関係ありません……つまり、思いっきり繋がっている集落で追加支払いすると……すごい点数が発生することになるのですよ(汗)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここで、ここで払えば……!! でも、そういう時に限って、資材を大量に吐き出しまくっていて支払えないんですよねー(涙)

また、小屋を建設する際に手に入れたボーナスチップ「後々の供物」を箱に戻すと、供物を全て捧げたものとして処理されるので「ここぞ!」という場面で使うと効果抜群なのですよ!

その一方、逆にこれを拒否した場合、ドルイドさんの怒りを買って一点の減点となります。ただし、0点から下がることはないので、最初の内はガンガン拒否するのも一つの手かなーっと思ったり。

この処理が終わると、また隣のプレイヤーのフェイズ1からスタートとなるのですが、ドルイドさんにはもう一つの役割があるのですよ。

■ルーンの中間決算

ドルイドさんが、ゲームボード上に書かれている大河を横切ったら、ただちにルーンの中間決算が開始されます。
各自は、保有しているルーン石の個数に等しい勝利点を獲得しましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全部で9種類! たくさん持っていれば、それだけ勝利に近づくのですよ。

■最終ラウンド

こうして、次々と集落や寺院を建設していく訳ですが、そのうち手元に小屋も寺院も無くなる人が出てきます。
こうなった瞬間ゲーム終了となり、最後の建設を行った人以外は一回だけ手番を行いましょう。

全員の行動が終了すると、最終ラウンドが始まります。
この最終ラウンドでは、ドルイドさんが最後の巡回を行います。各小屋に供物要求をしてくるので、どこからスタートしたか分かるようサイコロを置いておきましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

供物はねーが! 供物はねーが!!

こうして各ご家庭を回ったあと、サイコロを置いた小屋の供物要求が終わったら、最終勝利点計算へと入ります。

■最終勝利点計算

こうしてドルイドの強奪……じゃなかった、供物要求が全て終わったら、いよいよ最終得点計算が始まります。

ここで計算の対象になるのは、ルーンと寺院です。
え? 小屋? 集落? そんなものは対象になりませんよ(笑顔)

各自、所有している所有しているルーン数応じた得点を獲得します。
ルーンの中間決算と違って、ここではルーンの個数がかなり重要になります。なぜなら、ルーンを一個持っていれば1点、2個持っていれば1点+2点、3個持っていれば1点+2点+3点というように加算されていくので、全て保有していれば最大15勝利点を稼ぐ事が出来るのですよ!

寺院の場合は、両隣に小屋が接しているかどうかが重要になります。
この左右が繋がっている小屋の軒数分が、寺院の勝利点となるのです。そう、どっちかが長くても、片方が短かったら、短かった分の勝利点しか発生しないのですよ。
またこの計算をする際、小屋の色は関係ありませんので、寺院か空き地にぶつかるまでカウントしちゃいましょう♪

こうして全ての点数計算が終了して、一番得点の高かったプレイヤーが勝利となります!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後の集計……果たして、勝利は誰の手に!?

■総評

いやー、最初は大人HABAってどんな感じなのかなーっと思っていたんですが、これは結構面白かったですねー。

とにかく終わった後に思ったのは、素直に「もう一回遊びたい!」ということでしたね。
雰囲気が名作カタンの雰囲気によく似ていて、開始してすぐにルールが理解出来るので、初めてでもサクサク出来るんじゃないかなーっと思ったり。

最初は特定の資材を独占していればウハウハ出来ると思ったんですが、建築しようにも資材不足になるし、気がつけば周囲に挟まれて、高いショバ代を払うハメになったりと、バランスの大切さ労働者をいかに効率よく派遣させるか、他のプレイヤーからいかに美味しいおこぼれをもらうか、という予測力の大切さを痛感させてくれしましたね(笑)
本当、使えない資材を大量に保有していた時は何度、他のプレイヤーと交渉したいと思ったことか……(まてこら)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして欲しい資材に限って、労働者で満員というオチ(涙)

ドイツらしい駆け引き部分と、サイコロ特有の予想外のハプニング感が良い具合に混ざり合ったゲームでしたねー。
ご興味のある方は、ぜひぜひ一度遊んでみてくださいねっ♪

 

ライター紹介

三家原優人(みけはら ゆうと)
ゲーム制作チーム「Team・Birth-tale」所属。
ゲームシナリオライターだけでなく、映画会社にて長編映画の脚本や出演など多岐に渡って活動中。
趣味はガジェット集め。国内・国外問わずの気になるガジェットを集めては愛でる日々。
実は某公国の爵位を持っていたりする。

代表作
歴史シミュレーションゲーム「三極姫」シリーズ。
恋愛アドベンチャーゲーム「はち恋」。
長編ホラー映画「腐女子」。
その他多数。