ミニチュアゲームの塗装にチャレンジ!(1)

こんにちは。店長です。

 

当店では先日からゲームズワークショップ製品の取り扱いをはじめました。

ゲームズワークショップはウォーハンマーや指輪物語といったミニチュアのウォーゲームを中心に取り扱っているメーカーで、最近では「ドレッドフリート」のような1パッケージで完結したボードゲームも発売しています。

しかしこれらのミニチュアは組み立てと着色が必要です。それはちょっと敷居が高すぎるんじゃないの?とGWの営業さんに言ったところ

「大丈夫です、シタデルカラーを使えば筆塗できれいに仕上がります。」との自信たっぷりの回答。

ならば試してみるしかないね、ということでスタッフ数人で塗装をやってみることにしました。営業さんの言われた通りうまくいくものでしょうか。

 

1)準備編

今回使用したのは「ウォーハンマー・ペイントセット」という商品。

ウォーハンマーのゴブリンナイト10体とシタデルカラーが8本、細筆が1本入っている。これでゴブリンナイトが仕上げまで完全にできるという商品です。一応作業にあたって、他にこちらで以下のようなものを準備しました。

・塗装皿

・平筆

・デザインナイフ

・TAMIYA薄刃ニッパー

・三角ヤスリ

塗装皿は塗料薄め用や筆洗い用の水入れとして、また塗料のパレットにもなるので用意しておくと非常に便利です。模型店で10個単位で売っています。

平筆は広い範囲を塗るとき用にあるととても便利です。

TAMIYAの薄刃ニッパーは部品をランナーから切り離す時に使います。切れ味がよく、作業時にストレスを感じません。

デザインナイフと三角ヤスリはゲートや合わせ目の処理に使います。丁寧に処理をしておくことで完成したときの見栄えが一段と良くなります。

部品をランナーから切り離して、ゲートと合わせ目を丁寧に処理して、台座に立てるといよいよ塗装の準備が整いました。

(続く